ロケットパワーにんじん君ツインGTお客様の声:ハイラックスサーフ

ロケットパワーにんじん君ツインGT

[車種別メニュー]はこちら


ハイラックスサーフ2.7ハイラックスサーフ2.7


取り付け車両は、18年式サーフ(原動機:2TR)要は排気量2700で、このタイプの車両としては力不足です。

多分、V6:4000をベースに設計された車両でしょう。

というのは、1速から2速に変わった瞬間、噴けないです。

(ある程度の速度に達するまで、エンジンがブスブス言ってます。

昔でいうノッキングですかね。)この1速から2速に変わる時が、私はちょっと不愉快になるんです。

というのは、どこかしら共振(共鳴)してビリビリ音が発生するからです。

この音を聞くたびに、プリウスを買っとけば良かった。

と、後悔してました。

ただ仕事柄、朝が早く過去 真冬に他の車両は、あちこち立ち往生(ギャップにはまって脱出できないでいる車:仕事に間に合うようであれば引っ張りあげてましたが)(田んぼに落ちている車、電柱にもろにフロントから突っ込んでる車)その中で、昔からサーフを乗り換えてた私は非常に快適でした。

で、今回もサーフを2年前に購入した訳ですが、残念な事にデーゼル車がありません。

どうして製造販売を止めてしまったのかわかりませんが。

しかたなくガソリン車を購入。

ここからが悲劇の始まりで、V6:4000はハイオクなので最初から購入リストからはずしてました。

が、10、15モードが8.9と謳ってたにもかかわらず、実際市街地を常時走行するには、あまりにも燃費の悪さに驚きとウンザリ感。

しかも月単位でガソリン高騰。

で、ネットであちこち検索していたら、今回のにんじん君を発見。

「う〜ん、うさんくさい」と思いながらも試しに2ヶ月使ってみようと購入した訳です。

(ちなみに私は、30数年、バイクから大型四輪まで無事故無違反で車両を利用して、ガソリン添加剤、オイル添加剤をイロイロためしてきましたが、にんじん君は{異端児君}ですね。

長々と記入してしまいましたが、取り付けて まだ1週間ぐらいしか経ってませんが一応中間報告ということで以下。

市街地走行:通勤時です。

L/5.5km→L/6.5km

休みの日、5歳やんちゃ坊主の孫を連れてドライブ走行

往復約110km(ちなみに私は石川県在住で一里野スキー場まで、平均60〜70km/h)で、L/6.2km→L/8.4km でした。

この車両は10秒間隔、0.1km単位で測定表示します。

(今、平行して満タン法にて計測中です)

この歳で不自然ですが、「マジかよ」 信じがたいの一言です。

しかもこの車両は、充電制御機能付です。

ただ充電制御のメリットが今ひとつわかりませんが。

(加速時:プラグ優先、減速時:充電優先だったと思いますが。)

長々と失礼しました。


ロケットパワーにんじん君ツインGTのお客様の声はまだまだあります!
車種別に集めましたので、あなたがお乗りの車種をご覧下さい。

ホンダ アヴァンシアアコードインサイトインスパイアインテグラエリシオンオデッセイステップワゴンシビックハイブリッドフィットCR-VS-MX
トヨタ アルテッツァアルファードイプサムウィッシュウィンダムエスティマカローラクラウンスターレットシエンタセルシオソアラナディアノアハイラックスサーフブレイドヴィッツヴェルファイアプロナードプロボックスプリウスラウムラクティス
日産 エルグランドエクストレイルスカイラインステージアセレナティーダモコピノプリメーラフェアレディZ
スバル インプレッサフォレスターレガシィヴィヴィオ
マツダ アテンザデミオミレーニアRX-7RX-8
スズキ エブリージムニースイフトワゴンRkei
三菱 タウンボックスデリカパジェロミニ
ダイハツ アトレーミラムーブ
輸入車 ベンツキャデラックシボレーVWボルボリンカーンレンジローバーBMWFIATアルファロメオ
その他の車 J様M様T様H様I様

■ロケットパワーにんじん君ツインGTは、初代にんじん君を凌駕する性能となっております。

本ページに該当車種が見つからない方は、車種別にたくさんの声を掲載しております、初代にんじん君のお客様の声もご参考になさって下さい。→ロケットパワーにんじん君ユーザーさんの声

このぺージ[ハイラックスサーフ]のトップに戻る

ロケットパワーにんじん君ツインGTお客様の声TOPに戻る

[閉じる]